Fリーグ2020/2021シーズンのクラブ編成が決定。ヴォスクオーレ仙台は参加を断念。

国内フットサル

Fリーグは4月14日、今シーズン(2020/2021)のクラブ編成を決定した。F1からF2への自動降格が決定していたヴォスクオーレ仙台はF2にも参加しないことが発表された。昨シーズンにホセ・フェルナンデス氏が突然退団してからクラブの財政面は不安視されていたが、今シーズンはFリーグに参加しないことで財政面の立て直しを図るようだ。詳細についてはまだ発表がないが、今後ヴォスクオーレ仙台から公式に発表があるようだ。また、今シーズンからFリーグ選抜はなくなるのでF1は12クラブ、F2は6クラブ、計18クラブでの開催となる。以下、今シーズンのFリーグのクラブ編成。

 

 

※上記の画像は当サイトで作成したものなので自由にダウンロード、使用が可能。

スポンサーリンク
国内フットサル 記事
猿太郎をフォローする
OLA!!FUTSAL
タイトルとURLをコピーしました