【F1week3】昨季王者の名古屋、町田、大分は全勝。今週からは順位変動グラフも!!

国内フットサル

 今週はF1の計6試合が行われた。引き分けや1点差など接戦が多かった印象だ。今週は試合結果、順位、得点ランキングに加え各試合の一言コメントと順位変動グラフも載せていこうと思う。それでは、試合結果からみていこう。

〈試合結果〉
大分6-2長野
「長野GK矢内が好セーブを連発するも大分は圧倒的な攻撃力で6発快勝」
町田6-3北九州
「ウーゴ欠場の北九州に町田はヴィニシウスのハットトリックで勝利」
立川・府中3-3すみだ
「両チームのユニフォームカラーが被り後半からユニフォームチェンジする珍事」
湘南1-1浦安
「試合終了間際、浦安の長坂がパワープレーから値千金の同点弾」
名古屋2-1北海道
「試合終盤まで同点で苦しんだ名古屋だが、星翔太の決勝弾で勝利」
名古屋3-1大阪
「得点力が武器の両チームの戦いは拮抗するが、大阪は一歩及ばず名古屋が全勝で独走」

〈順位表〉

〈得点ランキング〉

今週からはひとまず複数得点以上の選手のみの表にしている。

〈順位変動グラフ〉

 

 今週のFリーグは非常に好カードが多かった。立川・府中vsすみだの試合ではホームの立川・府中のユニフォームが白で、フウガドールすみだのアウェイユニフォームも白だったためハーフタイムにユニフォームを着替えるというハプニングがあった。しかし、ピッチに立つ選手は前半から普段通りのプレーを魅せ拮抗した好ゲームとなった。
 また、例年は3人の外国籍選手を登録している名古屋が現在アルトゥール、ペピータの2人の外国籍選手で戦っていることにも注目だ。今週の2試合はこの2人も活躍していたが。なんといっても星翔太の活躍が目に留まった。ピヴォとしての攻撃力だけでなく、常に強度の高い前プレで何度もボールを奪取している。主力2選手が合流できていない今の名古屋を支えるキーマンになると予想している。ぜひ、注目してもらいたい。
 今週から載せている順位変動グラフだが、初めて作成したので見づらかったりしたら教えていただけると嬉しい。

〈次週の試合日程〉
9/26(土)
長野vs町田

9/27(日)
大阪vs立川・府中
大分vs湘南
北海道vs浦安
名古屋vs北九州

スポンサーリンク
国内フットサル 記事
猿太郎をフォローする
OLA!!FUTSAL
タイトルとURLをコピーしました