【スペインリーグ】日曜に行われる最終節を前に順位、優勝、残留、プレーオフ争いをおさらい!

海外フットサル

今週日曜の最終節で幕を閉じるスペインリーグ20-21シーズン。最終節まで優勝争いが繰り広げられている激しい展開だ。他にもプレーオフや残留をめぐり熾烈な争いが続いている。なのでこの記事では優勝争い、プレーオフ争い、残留争いについて書いていく。

 

現在の順位

 

優勝争い

最終節を前に首位のエルポソムルシアをパルマフットサルが1ポイント差で追っている。もちろんエルポソは勝てば優勝だが、次節は強豪インテルと対戦する。逆にパルマは降格争い中のブレラFSと対戦する。どちらに優勝が転んでもおかしくない状況だ。

エルポソ勝利orパルマ敗戦or両チーム引き分け→エルポソ優勝

エルポソ敗戦かつパルマ引き分け以上orエルポソ引き分けかつパルマ勝利→パルマ優勝

両チームの試合は同刻18:00(スペイン時間)キックオフ。

 

プレーオフ争い

レギュラーリーグ8位までが参加できるプレーオフ。33節まででエルポソ、パルマ、カルタヘナ、レバンテ、バルサ、インテルの6クラブがプレーオフ進出を決めている。残る2枠は現在バルデペーニャスとサラゴサが占めているが、9位、10位のサンタコロマ、レアルベティスの2クラブに可能性が残されている。

 

残留争い

最終節を前にオパルーロ、アンテケラ、ペニスコラの降格が決定している。残る1チームは入れ替えプレーオフに進む。現在、清水和也の所属するコルドバが15位だが、14位ブレラFSと勝ち点で並んでいて、勝ち点1差で13位ハエンFSがいる。次節、コルドバはハエンFSと直接対決があり、ブレラFSは優勝争い中のパルマと対戦する。

清水所属のコルドバの残留条件

・次節勝利or引き分けかつブレラFSが敗戦

 

 

各チームの運命を左右する最終節は現地時間5/30の18:00に全試合が同時に行われる。激しいリーグ展開に注目!

 

スポンサーリンク
海外フットサル記事
猿太郎をフォローする
OLA!!FUTSAL
タイトルとURLをコピーしました