スペイン1部レギュラーリーグが閉幕。最終順位などを掲載。元Fリーガーたちの結果はいかに?

未分類

エルポソムルシアの5期ぶりレギュラーリーグ優勝で幕を閉じたスペインリーグ。プレーオフが残っているが、プレーオフに参加しないクラブはこれでシーズン終了となる。この記事では最終順位や元Fリーガーらの個人結果などを紹介していく。

 

レギュラーリーグ最終順位

1位エルポソ・ムルシア(68)※プレーオフ進出

2位パルマフットサル(68)※プレーオフ進出

3位バルセロナ(66)※プレーオフ進出

4位カルタヘナ(64)※プレーオフ進出

5位レバンテ(64)※プレーオフ進出

6位インテル・モビスター(57)※プレーオフ進出

7位サラゴサ(48)※プレーオフ進出

8位バルデペーニャス(47)※プレーオフ進出

9位サンタコロマ(47)

10位レアルベティス(46)

11位リベラ・ナバラ(41)

12位オサスナ(40)

13位コルドバ(40)

14位ハエンFS(38)

15位ブレラFS(38)※入れ替えプレーオフ

16位ペニスコラFA(34)※自動降格

17位アンテケラ(22)※自動降格

18位オパルーロ(20)※自動降格

 

最終節まで優勝争いが繰り広げられる熱い展開となった今季のスペインリーグで見事エルポソが有鬚を勝ち取った。1位から5位までの勝ち点差が4以内という混戦だった。この後始まるプレーオフでも激しい戦いが観れるだろう。

 

元Fリーガーの結果

・ラファ(エルポソ、元名古屋)

今季エルポソに加入したブラジル人ピヴォは29試合17得点で得点ランキング17位にはいる活躍を見せ、チームを優勝へと導いた。

・ヴァルチーニョ(カルタヘナ、元名古屋)

34試合中33試合に出場し、24得点をマークした。得点ランキングでも4位に入る活躍でチームとしても4位でレギュラーシーズンを終えた。

・清水和也(コルドバ、元フウガ)

今シーズン厳しい戦いを強いられたコルドバで全試合に出場し、5得点。ピヴォとしては決していい数字ではないが、攻守への貢献度やスーパーゴールなどもありインパクトを残した。残留のかかった最終節ではチームを救う同点弾を決めるなどチームに大きな貢献をした。

・森岡薫(オパルーロ、元町田)

スペイン2年目を迎えた今季は21試合1得点と物足りない結果に終わった。チームは自動降格し、森岡も自身のインスタグラムでスペイン生活の終了と帰国に関するメッセージをあげたいた。日本代表不屈のエースの新天地はどこになるのだろうか。

スポンサーリンク
未分類海外フットサル
猿太郎をフォローする
OLA!!FUTSAL
タイトルとURLをコピーしました